アトピー 指 水泡

アトピーで指に水泡ができてしまう原因とは?

スポンサーリンク

アトピーになると、体の様々な部分にかゆみの症状が現れてきますが、時には指にもその症状が現れてしまうことがあるようです。
水泡ができてしまって、ものすごいかゆみに襲われてしまうことがあります。
指に水泡ができてしまうと、勉強などでペンを持つのも大変ですし、事務仕事でパソコンのキーボードをタイプするときもつらくなってきますよね。
これはなぜ水泡ができてしまうものなのでしょうか?
あのぶつぶつの水泡が指にできやすいのは、指には様々な雑菌などがくっついてしまいやすいということが関係してします。
手や指は、日常的にいろいろなものを触ったりするため、想像している以上に菌などが付着してしまっていることが多いです。
皮膚自体にもともと存在している菌もいますので、思っている以上に皮膚には雑菌が住み着いているのです。

スポンサーリンク

これがアトピーの傷口部分から侵入してしまうと、症状がどうしても重くなってしまいがちです。
それゆえに、指は水泡ができてしまうのです。
これを治療していくためにはステロイドが含まれるお薬などを活用して炎症が拡大するのを防ぐ必要があります。
また、菌が侵入していくのを防ぐために、患部をばんそうこうなどで保護してあげることも有効なようです。
患部から菌が侵入していかないように、ブロックすることと菌を少なくして清潔にすることを心がけるようにしましょう。
指にアトピーの症状が出るときは往々にして重症化することが多いようですが、なるべく軽症で済ませて、早く治してしまいたいものですね。

スポンサーリンク