アトピーでは海でしみることがります

スポンサーリンク

アトピーはとてもやっかいな病気です。

 

アトピーは皮膚に炎症が起きてしまって、かゆみが出てきます。

 

ですから、掻き毟ってしまう事が良くあるのです。

 

そんなこの病気ですが、掻き毟ってしまっていて、皮膚の表面がとても外部の刺激に弱くなってしまっているのです。

 

掻き毟ってしまっている事などによって、皮膚の内部がむき出しになっていてとても敏感になってしまっています。

 

そのために、例えば、海に行って海水浴をする時などには、しみることが多くあります。

 

これは、しっかりと皮膚が保護されている状態ではなくて、ある意味では刺激に弱くなっているためにしみるという事が起きるのです。

 

ですから、このような事はこの疾患では珍しい事ではありません。

 

よくあることなので、そんなに心配などはしなくてもいいのです。

スポンサーリンク

アトピーでは海でしみることがあるのですが、こうしたことを起こさないようにするために、なるべく皮膚の保湿を心がけましょう。

 

正常な皮膚という物は、きちんと皮脂などでおおわれています。

 

また、きちんと皮膚はいくつかの層になっていて、普通の人では海に入ってもしみるということがないのです。

 

その点を出来る限り解消するように心がけるといいのです。

 

また、しっかりと保湿をする事は大事ですが、それは皮膚科医にしっかりと相談して適切ないい保湿剤を出してもらうといいのです。

 

皮膚科ではきちんと保湿剤を出してくれるのです。

 

ですから、皮膚科医に言うと、アトピーの人にとても合っている余計な成分が入ってない保湿剤を出してくれます。

スポンサーリンク