アトピーの人は水泳で塩素にしみる事があります

スポンサーリンク

アトピーはとてもやっかいな病気です。

 

アトピーは小さな子供から大人まで幅広い年代でなることがあります。

 

特に、小さいころや成長期などに多くなることがあります。

 

そこで、小学校や、中学校で水泳の授業がある時などには、塩素によってしみてしまうことが良くあります。

 

水泳の時に塩素でしみてしまうのは、皮膚が外部の刺激にとても弱くなっているからです。

 

ですから、塩素という外部の刺激によってしみる事があるのです。

 

これは、この疾患ではよくあることですので、大きく心配をする事はありません。

 

この疾患は、皮膚の表面のバリア機能がしっかりと機能していないのでこういった事が起きるのです。

 

いわば、この疾患の特徴的な事でもあるのです。

スポンサーリンク

ですから、皮膚の正常なバリア機能が作用していないので、それを補ってあげることが重要です。

 

それには、積極的に保湿を心掛ける事が重要です。

 

皮膚のバリア機能は皮脂などが正常に出ていることで機能しています。

 

しかし、掻き毟ったりしてしまう事で、皮膚の外側が爪で取り除かれてしまっているのです。

 

ですから、その分を、保湿を心掛ける事によって、補ってあげる必要があるのです。

 

そういった時には、皮膚科で皮膚科医に相談してきちんと保湿剤も処方してもらうのがいいことなのです。

 

皮膚科医が処方してくれる保湿剤は余計な成分が入っていなくて低刺激な物であるので、アトピーの人にはとても適しているのです。

 

ですので、保湿を心がけましょう。

スポンサーリンク