馬油はアトピー性皮膚炎の顔の乾燥に効果があります

スポンサーリンク

アトピー性皮膚炎は、抗原抗体反応が過剰に起こることによって、体内で炎症が起きている疾患です。

 

この体内で起きた炎症に対して、これまで医療は抑制することを、主眼として行ってきました。

 

例えば、抗ヒスタミン剤を投与すると、体内で起こる炎症は、確かに軽減させることが可能です。

 

いっぽう抗ヒスタミン剤は、眠気を伴うことが多いので、使用は限定的になります。

 

そこで治療に用いられ始めたのが、乾燥を防ぐという方法です。

 

なかでも顔の部分は、よく目立つ場所であるために、乾燥を防ぐことが大きな課題になるのです。

 

また、顔の部分というのは、手が届きやすい場所でもあります。

 

アトピー性皮膚炎は、手で掻くことで悪化することが、しばしばあります。

スポンサーリンク

この手で掻く原因は、乾燥することによって痒みが生じるためです。

 

こうしたアトピー性皮膚炎の顔の乾燥に対して、よく用いられているのが馬油です。

 

馬油は、科学的に合成された油とは異なりまして、天然の成分から出来ています。

 

天然の成分であることは、アトピー性皮膚炎にとって、大きな利点になります。

 

アトピー性皮膚炎は、先述のように抗原抗体反応が過剰に起こることで発生する疾患です。

 

この点で、科学的に合成されたものは、抗原になる可能性があるのです。

 

しかし馬油の場合には、天然成分であるために、抗原となる可能性が低くなります。

 

このように馬油には、リスクの少なさと効果の高さがあるので、顔の乾燥の治療に利用されています。

スポンサーリンク