アトピーは新生児に遺伝するか等について

スポンサーリンク

 アトピーとはアレルギー反応の一種で、気管支喘息や花粉症等を持病として持っている人に発生しやすいです。
アレルギー反応を起こす原因は人それぞれですが、ダニやペットの毛、卵や牛乳等の食品が原因となる場合が多いとされています。

 

 

 アトピーの具体的な症状は年齢によって異なり、新生児や幼児の場合は紅斑や肌の乾燥が見られるのが特徴となっています。
これに対して思春期以上になると紅斑や肌のブツブツとした隆起、肌がガサガサして黒ずむ等の症状が現われます。

 

 また子供の場合も大人の場合も患部に痒みが出る事が多く、つい掻きむしって掻き傷を作ってしまう事も少なくないです。
ちなみに目の周辺に症状が現われると、ひどい場合には白内障や網膜剥離を起こす事があるので注意が必要です。

スポンサーリンク

 具体的な治療方法としては薬物療法を行なう事が多く、塗るタイプの薬や飲むタイプの薬が処方されます。
使われる薬の種類については肌の乾燥を改善する保湿剤、炎症を抑える効果のあるステロイド剤等があります。

 

 

 またアトピーと聞くと、親から子供へと遺伝するという話を聞いた事がある人も少なくないはずです。
確かに新生児に症状が現われた場合は遺伝によるものの可能性も否定出来ないですが、必ず遺伝するというものではないです。

 

 例えば前述したように、花粉症等を持っている人は発症してしまう可能性が高くなります。
花粉症は決して珍しい疾患ではなく、子供でも発症してしまう事があるくらい身近な疾患です。
この花粉症を持っている人が発症しやすいのなら、多かれ少なかれ誰でもアトピーを発症する可能性は秘めている事になります。
なので自分がアトピーだからと言って、子供への遺伝を過度に心配する必要はないと言えます。

スポンサーリンク