アトピーを改善するにはシャンプーを使わない

スポンサーリンク

肌のあちこちがかゆくなったりかぶれたりするアトピーは、様々なものが悪影響を与えてしまいます。

 

その一つがシャンプーで、洗浄力が強く化学物質が多く含まれていますから、これが原因でアトピーの症状を悪化させてしまうことがあります。

 

 

頭皮のかゆみやかぶれを引き起こすだけでなく、シャンプーを洗い流す時に体にも化学成分などが付着する場合がありますから、皮膚の症状を悪化させてしまいます。

 

 

オーガニックや完全無添加タイプのシャンプーもありますが、やはり洗浄成分が含まれていますから、皮脂の取りすぎなどが原因となって乾燥を助長し、症状がひどくなることもあります。

 

 

このような理由から、思い切ってシャンプーを使わないようにして、頭皮や皮膚の機能を回復させるのが一番です。

スポンサーリンク

まず、シャンプーや石鹸などの洗浄成分が含まれるものを使わないでも、体や頭の汚れというのはしっかりと落とすことができます。

 

皮脂などは約30度程度で溶け出すという特性がありますから、体温くらいの温度でしっかりと湯洗いすることで、汚れを落とすことができます。

 

 

また、肌のバリア機能が壊される心配がありませんから、外からの刺激に強い皮膚を作るのに役立ちます。

 

かさつく乾燥からしっかりと皮膚を守ってくれて、外から異物が入り込むのをシャットアウトする機能を高められます。

 

 

どうしても汚れが気になる時のみ、洗浄成分を含む肌に低刺激な石鹸のようなもので、優しく洗うようにして、それ以外の時はお湯のみで髪や体を洗うと、必要な皮脂を取りすぎずに皮膚や頭皮の機能回復に役立ちます。

スポンサーリンク