アトピーと脇の臭いの関係

スポンサーリンク

夏場はアトピーの方にとっては辛い季節でもあり、汗で皮膚がかゆくなったり湿疹ができることもあります。

 

特に脇は汗臭を発しやすく皮膚がデリケートで柔らかいですから、かゆみなどが強くなる場所です。

 

 

アトピーでかゆくなって脇をかきむしっていまうと、ジュクジュクとした浸出液が出ることがあり、これが汗臭とまじってしまうと脇の臭いを強める原因になります。

 

一番良いのはかき壊してしまわないようにかゆみを抑えることと、汗をかいたらこまめにタオルなどで優しく拭くことです。

 

 

タオルで拭く場合でも、乾いたタオルでこすってしまうと皮膚を傷つけてしまいますから、優しく汗を吸い取るように拭くのがおすすめです。

 

また、天然成分でできた消臭剤や制汗剤などもありますから、かゆみや脇臭予防のために使ってみると良いでしょう。

スポンサーリンク

一般的にアトピーは肌が乾燥していて、汗をかく量も少ないと言われています。

 

しかし、これが汗の臭いと大きく関係していて、良い汗をかけないことで汗臭を強めている場合があります。

 

 

健康的な汗というのはほぼ水分のみですから、サラサラとしていて臭いの少ない汗です。

 

しかし、普段から汗をかきなれていない方は汗腺が退化してしまっているため、いざ汗をかくと老廃物などを含んだべたべたとしていて、良くない汗が出てしまいます。

 

 

このようなべたべた汗は臭いが強いですから、サラサラとした健康的な汗をかけるように汗腺を鍛えておくのがおすすめです。

 

手軽に汗腺を鍛えられるのが湯船への入浴です。

 

発汗を促してくれて代謝が良くなりますから、じっくりとお風呂で温まって眠っている汗腺を目覚めさせると良いでしょう。

スポンサーリンク