アトピー性皮膚炎の外用薬と臭いの関係

スポンサーリンク

アトピー性皮膚炎はたくさんのアレルギー反応を引き起こしてしまう病気です。
はアレルゲンと言われるアレルギーを引き起こす花粉やハウスダスト、食品や化粧品などに過敏に反応し、湿疹や痒み、時には痛みや出血を伴う症状が起きます。

 

そのアレルゲンに過敏に反応してしまう原因は腸内環境にあると言われており、そのアレルゲンとなる食べ物に含まれているのがたんぱく質です。

 

腸内でたんぱく質がうまく分解されないと腸内の抗体が反応し、痒みの原因となるヒスタミンが多く発生してしまいます。
こうしてアトピー性皮膚炎となってしまうのです。

 

腸内環境が悪ければ便秘により排泄物の臭いも強くなり、肥満の問題も出てきます。
アトピー性皮膚炎の改善にはまず腸内環境の改善が必要となります。

スポンサーリンク

次に皮膚の強い痒みや湿疹、滲出液が出たり化膿している場合は、皮膚科などの専門医を受診し内服薬や軟膏を処方してもらいましょう。

 

皮膚の炎症が進んでいる場合はステロイド剤を処方されることがあります。
患部に塗布すると強い臭いを発することもあり、周囲への影響を気にする人もいますが、医師の指示を守り使用することで早めの改善が期待できます。

 

皮膚の痒みを抑えるためには抗アレルギー薬などの内服薬がありますし、漢方薬を服用することで痒みが沈静できることもあります。

 

このようにアトピー性皮膚炎は、罹ってしまうと我慢できない痒みなど日常生活にも支障が出てしまう病気ですので、予防することが肝心です。
そのためには日頃から腸内環境を整える食生活を意識することが第一歩です。

スポンサーリンク